メニュー

花粉症

【花粉症とは】

花粉が飛ぶ季節になると始まる、くしゃみ、鼻水、鼻づまり。スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で生じるアレルギー症状を花粉症と呼びます。日本人の4人に1人が花粉症だと言われています。鼻と目に症状が現れやすく、鼻の三大症状と言われるのが、くしゃみ、鼻水、鼻づまりで、目の三大症状と言われるのが、目のかゆみ、目の充血、涙です。他には、倦怠感や熱っぽさ、イライラ、喉や顔のかゆさ、集中力低下を伴うこともあります。

 

【ゾレアについて】※2020年度から保険適応になった注射療法です。

季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)では、炎症によって鼻水・鼻閉やくしゃみ、目のかゆみなどの症状がおこります。その炎症をおこす原因にアレルギー反応があります。

ゾレアはそのアレルギー反応の元を抑えます。

■治療方法…ゾレアは通常、花粉の飛散時期に、1回75~600㎎を2週間または4週間ごとに皮下に注射します。(条件を満たした方のみ可)投与期間は3カ月程度です。

■費用…約数千円~数万円。費用は投与量に比例し、投与量・投与回数は体重と血清総IgE濃度によって決められます。

■条件…12歳以上で重症スギ花粉症があり、アレルギー薬で症状が改善されず、採血で血清中総IgE濃度+血清特異的IgE抗体がクラス3以上の方

 

【花粉症の原因植物】

スギ(2月~4月)

ヒノキ(3月~4月)

カモガヤ(5月~6月)

オオアワガエリ(6月~8月)

ススキ(9月~10月)

ハンノキ(1月~4月)

シラカンバ(3月下旬~6月)

ブタクサ(8月~9月)

ヨモギ(9月~10月)

カナムグラ(8月~10月)

 

【治療】

薬物治療が中心となります。(内服、点眼薬、点鼻薬)

その他、近赤外線治療器スーパーライザーによる照射で症状が緩和される場合もあります。(個人差があります。)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME