自由診療

健診・ドック          ビタミン点滴          プラセンタ療法           各種ワクチン



小外科


切り傷、できもの、やけど、巻き爪、膿を持った傷、褥瘡、糖尿病性の壊疽などに対する創処置のことを小外科といいます。必要があれば、局所麻酔下に縫合、感染した組織や壊死した組織を外科的に切除することもあります。

感染のない傷は約1週間程度で軽快しますが、感染を伴っている場合(膿がでるような傷)は、感染が落ち着くまでに時間がかかる場合があります。

最近では慢性あるいは難治性の傷に対して、傷をテープで密封し持続的に陰圧をかけることにより、傷の治りを促進させる治療法(局所陰圧療法NPWT)が行われるようになりました。この治療により難治性の傷は良好な結果が得られるようになってきました。この治療はVAC治療システムと呼ばれる機械を用いて行います。この治療法により傷が治るまでの時間を短縮することが可能です。難治性褥瘡あるいは糖尿病性壊疽などに適応があります。傷の程度にもよりますが、外来あるいは在宅での治療が可能な場合もあります。



Copiright by Harigaya Central Clinic