自由診療

健診・ドック          ビタミン点滴          プラセンタ療法           各種ワクチン



消化器内科


食道がん

がんが食道の粘膜内にとどまるがんを早期食道がん、粘膜より少し深い層の粘膜下層まで浸潤したものを表在食道がん、それより深い層まで浸潤した場合、進行食道がんと呼びます。食道がんでは初期の段階では症状はほとんどありません。進行するに伴い、胸の違和感・食物のつかえ感・体重減少・咳・声のかすれなどの症状がでてきます。そのため、検診や上部消化管内視鏡検査以外での早期発見は厳しい状況です。

食道がんに対する治療は、病気の段階や患者様の状態により異なってきます。一般的には手術療法、放射線療法、抗がん剤による治療があり、それぞれ組み合わせて治療が行われることもあります。

萎縮性胃炎

胃の粘膜に長期間炎症が持続するために、胃の粘膜が壊されたり修復されたりを繰り返すことで、胃の粘膜が薄くなった状態をさします。原因は幼少期にピロリ菌に感染することで起こります。ピロリ菌によりアンモニアが産生され、胃粘膜は傷つき炎症を繰り返し、萎縮が起こります。萎縮性胃炎から胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がん・胃MALTリンパ腫などの病気が起こりやすくなります。上部消化管内視鏡検査により粘膜の変化が分かります。また胃の一部組織、血液、呼気、便による検査でピロリ菌検査をすることができます。ピロリ菌感染による萎縮性胃炎では除菌治療が重要です。ただし除菌しても胃がんになる可能性は残りますので、定期的な上部内視鏡検査が大切です。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍

ピロリ菌、非ステロイド性鎮痛剤、ストレス、喫煙、飲酒、胃酸などによって、胃や十二指腸の粘膜が傷つけられて起こる潰瘍です。症状は胸焼け、上腹部痛、腹部膨満感などがあり、さらに進行すると吐血、下血など出血が起こり、胃や十二指腸に穴が開き腹膜炎を起こし激しい腹痛が出現することがあります。上腹部内視鏡検査などで検査で診断されると、薬物治療を行います。早期治療が重要です。

胃がん

日本は先進国の中でもピロリ菌の感染率が高いことで知られています。日本においては近年衛生的に改善されてきているため、年々感染率は低下してきています。高齢者では依然半数以上の方が感染しています。ピロリ菌が胃がんを引き起こすことも広く知られていますが、ピロリ菌に感染した患者様がすべて胃がんになるということはありません。またピロリ菌の除菌により胃がんの発症リスクはかなり低下しますが、除菌したからといって胃がんにならないとは言いきれません。

病期の段階がI期の胃がんであれば、5年生存率は99%程度といわれているため、早期発見が大切と考えられます。胃がん発症者の99%はピロリ菌感染者(過去に感染した方も含む)です。そのためピロリ菌除菌で胃がん発症リスクは減少します。ピロリ菌感染が疑わしい方は内視鏡検査などの検査をした方がいいと考えられます。

アニサキス胃腸炎

アニサキスは寄生虫の一種で、アニサキスの幼虫はサバ、アジ、サンマ、イカなどの魚介類に寄生しています。アニサキスの幼虫が寄生している生の魚介類を食べることで、アニサキスの幼虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を起こします。症状としては食後数時間後上腹部の痛み、悪心、嘔吐などが見られます。治療は胃カメラにより幼虫を取り除きます。取り切れない場合、痛みが持続する場合があります。予防として新鮮な魚を食し、内臓は新鮮なうちに取り除き、内臓は食さないようにしましょう。また切り開いた魚をよく観察し、幼虫を見つけた場合摘出しましょう。-20度以下の冷凍24時間以上、または加熱してから食しましょう。

虚血性腸炎

虚血性腸炎とは大腸に向かう血管が一時的につまったり、血流が低下することで炎症を起こしてしまうために起こる病気です。血流が低下する原因は、動脈硬化や便秘などによる腸管内圧の上昇が考えられます。糖尿病・膠原病などの基礎疾患をお持ちの方ではリスクが高くなります。症状としては、突然の下腹部痛、血便、下痢などがあります。腹部エコー・造影CT・大腸カメラなどで確定診断を得られます。治療は抗生剤投与、点滴治療で改善することがほとんどです。

大腸がん

大腸癌は腺腫(良性ポリープ)から癌化する物と粘膜が癌化するものがあります。大腸の内側から外側へと浸潤し、リンパ液や血液の流れに乗ってリンパ節転移や遠隔転移(肝臓、肺、脳など)が見られるようになります。早期大腸がんでは症状はほとんどありません。進行すると血便、下血、腹部膨満感、腹痛、便通異常などが起こってきます。早期発見のためには、便潜血検査や大腸透視、大腸カメラが大切になります。



Copiright by Harigaya Central Clinic