内視鏡検査、受けてみませんか?




内視鏡検査は以下のような症状がある方におすすめです。

胸焼け・腹痛・吐き気などの自覚症状が持続している方

みぞおち付近に痛みのある方

胸のつかえがある方

便の色が黒い方

慢性胃炎を指摘されている方

ピロリ菌陽性と診断された方

胃がんの家族がいらっしゃる方

バリウム検査で異常を指摘された方

胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの治療されたことのある方

慢性便秘が続いている方

軟便・便秘をくりかえす方

症状が長引いている方は、なるべく早めに内視鏡検査を受けることが大切です。



苦しくない胃カメラ

胃カメラでは咽頭喉頭の一部、食道、胃、十二指腸の一部までを観察する検査です。
はりがや中央クリニックでは人気のある鼻からの内視鏡のほかに、通常の口からの内視鏡検査、また鎮静剤を組み合わせて眠った状態で行う鎮静麻酔下検査がお受けいただけます。
さらに内視鏡診断機器は、「高精細の画像や色彩、構造の強調が必要に応じてできるハイビジョン内視鏡システム」「特殊光により粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調して観察し、食道がん・胃がん・大腸がんなどの早期発見を可能とするNBIシステム」を導入しています。



苦しくない大腸カメラ

大腸カメラでは直腸から盲腸までの大腸全体と、さらに小腸の一部である回腸末端までスコープを挿入して観察する検査です。
はりがや中央クリニックでは、内視鏡診断機器は、「高精細の画像や色彩、構造の強調が必要に応じてできるハイビジョン内視鏡システム」「特殊光により粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調して観察し、食道がん・胃がん・大腸がんなどの早期発見を可能とするNBIシステム」を導入しています。入眠できる程度の鎮静剤の注射を併用することにより、気が付いたら終わっているような全く“辛くない内視鏡“を実現できます。大腸を膨らませてスコープを挿入・観察しますが、その際二酸化炭素を使用する事で、検査後の腹部膨満感を軽減することができ、より快適な状態を作るようにしています。





胃内視鏡(胃カメラ)検査の流れ


01. ご予約方法

まずは、一度受診していただき、検査の説明やご予約日程の調整を行います。

胃カメラ検査予約のための診察は、直接ご来院いただくかお電話で診察のご予約をお願いします。
028-612-8806(受付時間:午前 9時〜12時30分 午後 13時~18時)

 

02. 検査前日の食事について

夕食は早めに摂り、夜9時以降は水以外の飲食はお控えください。

検査時間の2時間前まで水のみ摂取可能です。

03. 検査当日

ご予約時間の10分前にご来院いただきます。

お腹を締め付けない服装でご来院ください。
(下着も含む)
※当日は、お時間に余裕をもってご来院ください。
※水以外の飲食、薬の服用はお控えください。(常備薬を服用されている方は、事前に医師にご相談ください。)
※検診を受ける方は、送付されたハガキを必ず持参してください。

04. 検査前の準備(喉の麻酔)

胃の中をきれいにするため、消泡剤(白い液体の薬)を飲み、麻酔前の処置として点滴をします。その後、麻酔薬をしばらくのどにためた後、ゆっくりと飲み干します。(吐き出していただくこともあります。)
※麻酔を希望されない方は、事前にお申し付けください。

※キシロカインのアレルギーのある方は、必ず医師にご相談ください。

※経鼻内視鏡の場合は、鼻に麻酔の薬を入れます。

05. 静脈麻酔の場合(眠った状態での検査)

楽に検査できるように、静脈麻酔をいたします。
当日は、車の運転はお控えください。 静脈麻酔を希望されない方は、事前にお申し出ください。詳しくは医師にご相談ください。

06. 胃内視鏡(胃カメラ)検査

検査台の上に左側を下にして横になり、マウスピースを口に加えます。
↓
検査を開始します。検査中は力を抜いて楽にしてください。
↓
医師がモニターに映るおなかの中の様子をすみずみまで観察します。
所見により、病理組織検査をおこなうために胃の粘膜の一部を採取し、病理検査へ提出します。また、ピロリ菌検査をすることもあります。いずれも検査料金は別途かかります。
(結果は約1週間後以降)その後の出血予防のために、止血剤を散布する場合もあります。 安全に検査をおこなうために、酸素・心拍数飽和度の生体モニターを用います。
検査時間は10分~15分程度で終了します。(状況によって異なります。)

※口から挿入する内視鏡検査(経口挿入法)の他に、外径の細い内視鏡により鼻から内視鏡を挿入する経鼻挿入法で検査を行うこともできます。

07. お帰りの準備

検査終了後、十分に休憩をとっていただいてからお帰りとなります。
検査結果は、後日または当日行います。
飲食は1時間後から可能です。
※気分や体調がすぐれない時は、すぐに医師または看護師にお伝えください。

08. お会計

病理検査やピロリ菌検査をした場合は別途費用がかかります。

予めご了承ください。


大腸内視鏡(大腸カメラ)検査の流れ


01. ご予約方法

まずは、一度受診していただき、検査の説明や予約日程の調整を行います。 
大腸カメラ検査予約のための診察は、直接ご来院いただくかお電話でご予約をお願いします。
028-612-8806(受付時間:午前 9時~12時30分 午後 13時~18時)

02. 検査前日

夕食は早めに摂り、夜9時以降は水以外の飲食はお控えください。
検査時間の2時間前まで水のみ摂取可能です。

検査前日は、処方されたお薬を服用してください。

03. 検査当日

当日は、食事、飲み物、タバコ、薬などはお控えください。

自宅にて、処方された下剤を数回に分けて飲み、トイレに何回か通います。

ご予約時間の30分前にご来院いただきます。

04. 検査前

排便状態がほぼ透明な水になったことを確認し、検査着に着替えていただきます。
検査前に点滴をとらせていただき、その後麻酔の注射をしてから検査を始めます。

05. 大腸内視鏡(大腸カメラ)検査

検査台に横になって、おなかを楽にします。
↓
肛門から内視鏡を挿入します。検査中は力を抜いて楽にしてください。
医師がモニターに映る腸内を隅々まで観察します。
検査は数十分で終了します。

大腸は、個人によって長さや癒着の差が大きいため、検査中お腹に圧迫感を感じたり、体位を変換(あおむけ・うつぶせなど)ご協力いただく場合がございます。看護師が介助しますので、ご安心ください。

 

06. 検査後

検査終了後、十分に休憩をとっていただいてからお帰りとなります。
検査結果は、後日または当日行います。

08. お会計

病理検査をした場合は別途費用がかかります。

予めご了承ください。

Copiright by Harigaya Central Clinic